家庭のブイヤベース

 

img_1692

6人

材料

  • 魚の切り身 800 g (カサゴ、ヒメジ、サンピエール(マトウダイ科)、アンコウ、 アナゴ、ハチミシマ)(タラやオヒョウ(カレイ科)などの魚をお好みでもっと加えても良い)
  • 白ネギ 2本 (細かく刻む)
  • トマト 4個 (皮を抜いた )
  • 玉ねぎ 2個(みじん切り)
  • にんにく 4かけ(刻む)
  • フェンネル(生) 1 (みじん切り)、乾燥フェンネル1本
  • サフラン 1 g
  • パセリみじん切り 適
  • トマトソース 大さじ2
  • オリーブオイル
  • ブーケガルニ
  • 塩、こしょう

付け合わせ:

ゆでたジャガイモ、トーストしたスライスパン、ルイユソース(レシピ参照)

手順

  • 大きな鍋に、大さじ2杯のオリーブオイルで、玉ねぎと白ネギを炒める
  • 玉ねぎが透明になるまで炒める
  • 約 1 リットルくらいの魚の出汁を加える
  • にんにく、トマト、フェンネル、ブーケガルニ、パセリ、サフラン、トマトソースを加えて混ぜる
  • 塩、こしょうをする
  • 沸騰させる
  • あらかじめ切っておいた身の引き締まった魚から加える
  • 6分程沸騰させる
  • あらかじめ切っておいた身の柔らかい魚を加える
  • 8分程沸騰させる
  • トーストしたスライスパンとルイユソースを添えて、熱いうちに召し上がれ!

メモ:伝統的なブイヤベースはロックフィッシュ(カサゴ、ヒメジ、メバルなど)を使
い、準備に多くの時間を必要とする料理です。伝統的なレシピ:最初はロックフィッシュからスープを作り、そのスープを最低 3回網にこしてから大きな魚を加えて煮る。このスープはもともと漁師が売れ残った魚で作った魚のシチューでした。なのでその日の釣れた魚によっていろんなバリエーションがあります!

魚の出汁の材

材料img_1691

  • すすいだ魚のあら
  • 玉ねぎ1個
  • にんにく2かけ
  • トマト1個(皮を剥いた )
  • レモン1個
  • フェンネルの枝 2〜3本
  • ブーケガルニ1束
  • サフラン ひとつまみ
  • チリパウダー ひとつまみ
  • 塩、こしょう

手順

大きな鍋に魚のあらをしき、そこに水を 1,5 リットル加える。そこに全ての材料を加えて塩こしょうをし、20分沸騰させる。最後に網でこす。

ルイユソース

4〜6人前

材料

  • 卵黄 1個(室温に戻す)
  • オリーブオイル 150ml
  • にんにく 1かけ
  • 牛乳にひたした食パン1枚
  • 赤唐辛子 1本
  • トマトソース 大さじ1
  • チリパウダー ひとつまみ
  • サフラン ひとつまみ
  • 塩、こしょう

手順

  • にんにくの皮をむく
  • ニンニクを半分に切る
  • 小さい鍋に水を入れ、ニンニクも入れる
  • そして沸騰させる
  • ニンニクを取り出して、冷ますために冷たい水に入れる
  • 事前に洗っていた赤唐辛子を細かく刻む
  • すり鉢でこれらをすりつぶす
  • 卵黄と牛乳に浸した食パンを加える
  • 塩、胡椒をする
  • 少しづつオリーブオイルを加えてマヨネーズ状にする
  • 奇麗色にするためにトマトソースを加えて混ぜる
  • 必要ならお好みで味を調整する

家庭のブイヤベース」への2件のフィードバック

  1. […] ブイヤベースのレシピが見たい方、ここをクリック。 […]

  2. […] こちらは2月のブイヤベースの写真です😊ブイヤベースのレシピはこちらへ。ルイユソースのレシピはこちらへ。 […]

お客様の声:

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。